誰でも手軽にふるさと納税

ふるさと納税って何だろう

近年非常に耳にする機会が増えた「ふるさと納税」ですが、既にやっているという方もまだやったことないけど興味があるという人も多いでしょう。ちょっと難しく感じてしまう人も多そうですが、そもそもふるさと納税とは何かというと自治体への寄附金なのです。なぜ寄附することがこれだけ話題になるのかというと、一般的な寄附とは異なり自己負担額の2000円を除いた全額(上限有り)が控除の対象となるので実質今現在収めている市民税などを任意の自治体に移転できるという形です。
このふるさと納税ですが、あらゆる税の中で唯一納税者が税金の使い道を指定出来る制度になっているのもポイントです。出口を自分で決められるというのも納めがいがあると感じる人が多いようです。

特産品などが貰える!

ふるさと納税がこれだけ流行っている最大の理由は、特産品などのお礼の品が貰えるということが大きいでしょう。高価なブランドいちごなどの野菜や果物であったり、ブランド牛などのお肉などが貰える自治体も多いのです。
ふるさとがある人は良いなぁと思っている方もいるかもしれませんが、ふるさと納税は生まれ故郷である必要は無いですし、一か所だけしか駄目ということでもないのです。なので、ブランド牛のお肉が貰える自治体に寄附をして特産の野菜が貰える自治体に寄附をしてお米が貰える自治体に寄附をしてなんてことをすれば豪華な夕食が出来てしまうなんて事もあるのです。2015年4月からは年間に5自治体までの寄附であれば申請書を郵送すればこれまで必要だった確定申告も不要で手軽になったのも人気のポイントです。