手続きかんたんふるさと納税

ふるさと納税のシステム

ふるさと納税は納税という言葉がついていますが、正確に言うと都道府県、市区町村への「寄附」になります。
都道府県、市区町村へ寄附を行った金額の自己負担額の2000円を除いた全額が控除の対象となり、所得税及び住民税から控除されるという形です。
ふるさと納税はそれだけではなく、この寄附金の使い道を指定することが可能になっていて出口が見えるということで人気が高くなっているのです。
また、最大の普及理由としてはふるさと納税をすることで寄附をした自治体から様々なお礼が届くことが挙げられます。
お礼は肉や魚、野菜、米などの食材や加工品などの食品、雑貨や工芸品など非常に多種多彩でこれを楽しみに行っている人も大勢います。

ふるさと納税の手続きが楽になった

ふるさと納税を行うことで、寄付金をどのように使うのか指定できたりお礼が貰えたりというメリットがあるのはよく知られていますが、それでもやらない人が多かったのは手続きが面倒そうだからという理由が多いです。
たしかに、以前までは原則必要がないサラリーマンであっても確定申告をしなければならないなどハードルが高かかったです。
しかし、「ふるさと納税ワンストップ特例制度」というものが出来て、あらかじめ申請しておけば条件はありますが確定申告が不要になったのです。
これによってふるさと納税のハードルは非常に下がったと言えます。
ふるさと納税自体の仕方は、各自治体のHPなどに記載されていますしクレジットカードでも可能なので簡単です。